脂肪吸引のメソセラピーって?

 

脂肪吸引は、皮膚の下に吸引管(カニューレ)を挿し、脂肪を吸い取る方法です。

 

直接的な手段だけあって、すぐに効果が出ます。また、脂肪そのものだけではなく、脂肪をため込む場所にもなっている脂肪細胞も一緒に吸い取ってしまいます。

 

ですから、リバウンドの可能性がありません。今まで、エクササイズやダイエットをやっても効果のなかった人、効果が出るまで待てなかった人には夢のような方法です。

 

ですが、欠点もあります。少し荒っぽいやり方だけあって、痛みもあります。

 

また、吸い取ったあとの部分に血液や体液がたまらないように、しばらくの間、「圧迫サポート」をつけて、押さえつけておく必要もあります。

 

やり方もどんどん改良されて、安全性が飛躍的に高まっているものの、今でも時々はトラブルが聞かれます。稀ではありますが、手術による死亡事故だって聞かれます。

 

こういった危険性を減らし、その上、効果もほとんど変わらない方法も新しく普及してきました。それが「メソセラピー」です。

 

日本語では「脂肪溶解注射」といいます。

 

これは少し誤解しやすい名前です。実は溶かすのは「脂肪」だけではありません。「脂肪細胞」まで溶かしてしまいます。

 

なので、吸引管による吸い取りと同様に、脂肪細胞がなくなり、リバウンドの可能性もなくなります。

 

ほかにも脂肪を溶かすという美容療法はいくつかあるでしょう。ですが、脂肪細胞までなくすのはこのメソセラピーぐらいです。

 

薬液の最も主な成分は、「ホスファチジルコリン(大豆レシチン)」です。

 

もともとは、高脂血症や脂肪肝などの治療薬として使われてきました。安全性も高いとされています。

 

あくまで注射の一種なので、体への負担は少ないです。この治療を受けている最中でも普段と同じ生活がで着るぐらいです。

 

ただし、1回だけでは目立った効果はありません。

 

そのクリニックが採用している方法や、部位、たまっている脂肪の量、どれだけ減らしたいか……で変わってきますが、3〜6回程度、クリニックに通うことになります。

 

「料金は注射1回でいくら」で計算するところや、「脂肪・脂肪細胞を取る範囲の面積」が基準になっているところなどがあります。

 

一応のめどとしては、1回3万円×治療回数を標準に考えておけばいいでしょう。
余分だからといって、体脂肪はめったやたらに減らした方がよいでしょうか。そんなことはないのです。基本的に体脂肪は、人も範疇に入れた動物全体にとって生きるために必須なものといえます。飲食物の量はそんなに多くないのに、色々なバリエーションのダイエット計画を実行してもあまり効果がない。そんなようなこと体験していませんか。先立って正しいエネルギー量を計算式を使って求めてみましょう。
http://xn--q9j2cy55l4oiy2ahz4a6o7bdua.com/

 

 

 

 

超音波脂肪吸引(体外式) 「超音波脂肪吸引(UAL)」

 

脂肪吸引をする際に、問題となることの一つが「脂肪をどうやって軟らかくするか」です。

 

脂肪吸引が始まったころは、単に管(カニューレ)を入れるだけでしたので、狙った脂肪の70パーセントほどしか取れませんでした。

 

また、これでは危険性も高く、仕上がりの皮膚もきれいにはなりにくいです。

 

そこで、考えだされたのが、脂肪に超音波振動を与え、その効果で軟らかくする方法です。

 

これは管そのものから振動を発生させる方法(体内式)と、皮膚の外から振動を与える方法(体外式)の2つがあります。

 

体外式の場合、まず最初に吸引用の管を入れるのと同じ所から、麻酔液、血管収れん剤などと混ぜた脂肪を軟らかくする薬を注入します。

 

これで脂肪が含まれている層が膨らみます。この部分をターゲットに、皮膚の外から超音波振動を与えます。この振動で脂肪も軟らかくなり、また周囲の細胞から浮いたような状態にもなるのです。

 

最新の体内式である「ベイザーリポ」との比較では……

 

@手術中の出血が少ない

 

A細い管を使うことができ、皮膚への負担が少ない

 

Bち密な作業ができるので、皮膚の仕上がりがいい

 

……といったメリットがあります。

 

ただし、同時に……

 

@ベイザーリポは狙った部位の約90パーセントの脂肪が取り除けるのに対し、体外式は約70パーセントでしかない

 

A超音波の影響で皮膚の表面が発熱、やけどする可能性もある

 

……といったデメリットもあります。

 

また、「どんな方式で手術しても、担当する医師の技能が大きく影響する」というのが、脂肪吸引です。

 

ですから、クリニックや医師を選ぶときには、「最新式の方法だから」とか「高く評価されている方式だから」といったことだけで選んではいけません。

 

必ず、クリニックや医師の評判もチェックするようにしましょう。場合によっては、「機器や方式は最新だけども、医師が使い方に慣れていない」といったこともあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

NEWS

脱毛エステサロンでよく検討すべきなのは、サロンについての考察です。自宅でやっているような小さなお店やチェーン展開をしているような大型店など、数多くのスタイルが存在しますが、「サロンに行くのは初めて」という人はわからないことも多いと思うので、やはりメジャーなお店に行くのが安心です。
福岡で永久脱毛するならここがオススメ@人気の脱毛サロン、クリニック

 

エステで実施されている永久脱毛のメカニズムとして、一個一個の毛穴に入れた針に直流の微弱な電気を通す流電法高周波を通す高周波法、最後にブレンド法と言われる電気による脱毛の3つの技術があります。
≫≫メンズ脱毛 仙台

 

疲労困憊してしまう一番の理由は、代謝機能の変調です。そんなときは、質が良くてエネルギーに簡単に変わる炭水化物を摂取するようにしましょう。長時間待たずに疲労から脱却することができるようです。
増大サプリ

 

 

更新履歴